習志野市藤崎の学習塾

新・個別指導Assist(アシスト)習志野

計算はできるけれども

文章題」や「図形問題ができないという

悩みに直面する親子は多いものです。

 

しかし計算は集中した反復演習さえ行えば

誰でもできる「作業力です。

 

小学校のテストは簡単です。理解があいまいなままでも

満点が取れます。

 

それに安心して理解不足の単元をそのまま放置すると

ある時、化けの皮が剥がれたりします。

 

本格的に中学受験の学習を始めるときになって

はじめて「算数ができない」と気づく親子も少なくありません。

 

そもそも中学受験では、計算以外の学習領域が広く

計算ばかりに特化した学習をしても

先取り学習としての効果はいまひとつです。

 

計算の反復学習が無駄だということではありません。

 

しかし、

中学受験をするのであれば、

将来、算数・数学を得意にしたいのであれば、

それだけでは足りないということです。

 

 

いくら計算ができても「文章題」や「図形問題」ができず、高学年になってから算数が苦手と感じる児童が増えてしまいます。

 

将来を考えれば、文章題」や「図形問題にこそ

焦点を当てなければなりません。

 

なぜなら、そこで問われているのは自分で考える力

つまりは思考力であって

全科目に大きくかかわり

入試問題を解くために必要な基礎能力だからです。

 

「文章題」が苦手と塾に来た子も、正しい学習をすれば

半年もすると「文章題」が得意になり

「解くのが楽しい」と言うようになったりします。

 

算数を得意科目にしてみませんか?

 

 

学習の初めから終わりまで計算だけを教える教室があります。

子供たちは要領よく数字を拾い合わせて計算し、「できた」といいます。

しかしこれは「当たった」だけではないでしょうか。

 

これでは文章題や図形問題など考える力が試される問題になると

とたんにできなくなってしまいます。

 

そこでおススメしたいのは

思考重視型」教材の活用です。

解き方を暗記して反復学習をするだけではなく

思考力、想像力、集中力を鍛えることができます。

 

小4以降は、中学受験に向けたカリキュラムが始まり、

時間を取ることが難しくなります。

 

低学年のうちに「思考重視型」教材で子供たちの

「自ら考える力」「粘り強く考える能力」

伸ばすことで、

高学年になってからの学習に差がつきます。

 

 

エジソンクラブは35年間、5千人の子どもたちを指導する中で生まれた学習教材で

全国の幼稚園、保育園でも導入が進んでいます。

 

「エジソンクラブ」と

新・個別指導Assistのノウハウを掛け合わせることで

確かな学力の定着・向上を図ります。

 

 

〈エジソンクラブの特徴〉

 

・読み、書き、計算を総合学習

・学年という枠を超えた進級式

・一歩下がり、よくわかる段階から学習

・確実に習熟するまで繰り返し学習

・努力しだいで、どんどん先に進める

・学校の予習・復習にも対応

・内容が変化に富み、飽きずに楽しい

・いつの間にか勉強が好きな子に

 

 

Assistは

コロナ対策を続けています。

 

通塾する生徒の安全を考慮し

一度に授業をする生徒の数を

絞っています。

 

教室の定員に達した場合

次の募集は今年度の受験生たちが

卒業する3月~4月頃となってしまう

場合もございますので

お早めにご連絡ください。

 

まずは、お電話で

無料学力診断テスト」「無料学習相談

の日程をご予約下さい。

 

 

お越しいただいた方には

無料体験授業」

のご案内をしております。

 

 

中学受験コース・キャンペーンについての詳細⇒ こちら

中学受験コースの費用について ⇒ こちら

エジソンクラブについて ⇒ こちら

中学受験については・・・

 

①子供の頑張り次第です!

②スタートは一緒です!

 

あちこちの学習塾から営業を受けた親子には

聞き飽きた言葉かもしれません。

 

しかし

①、②の両方が正しいのであれば

不合格になったら全て子供の責任

ということでしょうか。

 

成績が伸びるのも

成績が伸び悩むのも

「子供の頑張り次第」であれば

保護者にも学習塾にも責任が無い

ということになりませんか?

 

あまりにも無責任です。

 

現実は次のとおりでしょう。

 

①合格か不合格かは「子供の頑張り次第」では決まりません。

②スタートの時点で大きな学力格差ができています。

 

学校のテストで

毎回100点を取る子もいれば

80点前後しか取れない子もいます。

 

その子たちが毎日

同じ時間だけ勉強したとして

同じ成績になるでしょうか。

 

ますます

学力格差が広がってしまいます。

 

点数の低い子ほど

より多くの時間を勉強に割く必要があります。

そうでなければ

いつまで経っても追いつくことができません。

 

ところが困ったことに

点数の低い子に限って

少ない時間しか勉強できないのです。

 

だから学力格差がドンドン広がってしまいます。

 

学力の低い子供ほど

学習時間が少ないのです。

 

 

学力の低い子供の保護者ほど

教育費を節約しようとするのです。

 

 

つまり、学力の低い子供の保護者ほど

少ない授業時間数で

少ない授業料で

高い学習効果を上げようとします。

 

 

しかし

そんな都合のよい話はありません。

 

だから同じ塾の中でも

学力格差が開いてしまいます。

 

 

学力の低い子供ほど

それを克服するためには

より多くの学習時間

より多くの費用(学校外の学習に対するもの)が

必要になります。

 

 

子供の頑張り次第ではありません。

 

 

子供の頑張りに任せて放置していると

知らない間に格差が広がり

手に負えなくなってしまいます。

 

子供が頑張る前に

親の正しい頑張りが必要です。

 

 

 

 

中学受験コース・キャンペーンについての詳細⇒ こちら

中学受験コースの費用について ⇒ こちら

 

東京大学合格者数の高校別ランキング上位は、

中高一貫校ばかりです。

 中学受験組(中高一貫校や難関私立中に入学した生徒)が

大学受験で大幅に有利だと数字が物語っています。

 

中学受験組

地元の公立中学に進学した生徒

なぜ差がついてしまうのでしょうか。

 

はたして中学受験をすべきなのか

検討するためにも

公立中学に進学した場合の勉強法

について考えてみましょう。

 

 

 難関私立中では、

検定外教科書

学習します。

 

地元の公立中で使用する

検定教科書(文部科学省の教科書検定に合格した教科書)

弱点を把握し、

効率的に数学を学習するために

作成された教科書です

 

一般的にはこれを体系数学と呼びます。

 

公立の中高一貫校

あくまで公立学校だから

検定教科書を使用することになっていますが、

 

実際には副教材を使って

体系数学を学習します。

 

難関中学の場合には

中学数学を2年間で終わらせて

中3からは高校数学に入ります。

 

高校数学は3年間をかけて学習しますが、

高2(または高3のはじめ)には終わります。

 

つまり

高3の1年間は大学受験の対策

に充てることができるのです。

 

 

地元の公立中に進んだ人が

中学受験組と互角に戦うためには中学数学を中2までに終わらせて

中3で中学レベルの数学を完璧に

理解しておく必要があります。

 

そうすれば

高校入学後にハイスピードで学習しても

高校数学でつまづくことは無いので

高3の夏には

中学受験組に何とか追いつくことができます。

 

 

大学受験で中学受験組に負けないためには

遅くとも

新中1から本気で始めるとよいでしょう。

 

ただし、

部活で多くの時間を割いてしまうと

毎回の定期テストの対策をするのがやっとで

思うように先取りができません。

 

そのため

小学生から本格的に学習を始めると

無理なく先取りできます。

 

算数は

小4から少しずつ先取りをして

小6からは中学数学の学習を

はじめると良いでしょう。

 

ただし、

計算問題だけの先取りなど

偏ったカリキュラムで学習すること

はお勧めできません。

 

中学数学は文章題や関数、図形など

計算問題以外の学習領域が広いため

中学数学の範囲を網羅しているテキストで

学習すべきです。

 

 

英語の場合は

もっと先取りをしても大丈夫です。

 

小4から学習を始め

小5から中学英語の予習を始めましょう。

 

なお、英会話(には英会話の良さがありますが)

受験対策の先取りとしては不十分です。

 

受験英語は英会話で使わないような

単語、熟語、構文がたくさん使われるためです。

 

英語も中学英語を学習が出来る教材

を選ぶべきです。

 

小5から始めれば早ければ中1まで

中学英語を終わらせることも可能です。

 

理解度に問題が無ければ

中3までに高校英語終了レベルまで

学習しても問題ありません。

 

ここまで先取りができれば

高校生になってから

数学に十分な時間を割くことができます。

 

中学受験を避け、中3くらいから塾に通い始め、

塾代を節約したと思っていても・・・

 

大学受験で失敗して浪人したり

私立大学に進学したりすると、

結局は、それ以上の費用が掛かったりします。

 

教育費をできるだけ節約したいのであれば

中学受験はせず

新小4から計画的に先取り学習を始めましょう。

 

 

Assistの授業は

学びホーダイ!!です。

 

週何コマ通っても定額制です。

 

やる気次第で

どんどん先取りをすることができます。

 

一人ひとりの理解度に合わせて

個別のカリキュラム

学習するから

 

無理なく、無駄なく

学習できます。

 

 

 

Assistは

コロナ対策を続けています。

 

通塾する生徒の安全を考慮し

一度に授業をする生徒の数を

絞っています。

 

教室の定員に達した場合

次の募集は今年度の受験生たちが

卒業する3月~4月頃となってしまう

場合もございますので

お早めにご連絡ください。

 

まずは、お電話で

無料学力診断テスト」「無料学習相談

の日程をご予約下さい。

 

 

お越しいただいた方には

無料体験授業」

のご案内をしております。

 

 

中学受験コース・キャンペーンについての詳細⇒ こちら

中学受験コースの費用について ⇒ こちら