東京大学合格者数の高校別ランキング上位は、

中高一貫校ばかりです。

 中学受験組(中高一貫校や難関私立中に入学した生徒)が

大学受験で大幅に有利だと数字が物語っています。

 

中学受験組

地元の公立中学に進学した生徒

なぜ差がついてしまうのでしょうか。

 

はたして中学受験をすべきなのか

検討するためにも

公立中学に進学した場合の勉強法

について考えてみましょう。

 

 

 難関私立中では、

検定外教科書

学習します。

 

地元の公立中で使用する

検定教科書(文部科学省の教科書検定に合格した教科書)

弱点を把握し、

効率的に数学を学習するために

作成された教科書です

 

一般的にはこれを体系数学と呼びます。

 

公立の中高一貫校

あくまで公立学校だから

検定教科書を使用することになっていますが、

 

実際には副教材を使って

体系数学を学習します。

 

難関中学の場合には

中学数学を2年間で終わらせて

中3からは高校数学に入ります。

 

高校数学は3年間をかけて学習しますが、

高2(または高3のはじめ)には終わります。

 

つまり

高3の1年間は大学受験の対策

に充てることができるのです。

 

 

地元の公立中に進んだ人が

中学受験組と互角に戦うためには中学数学を中2までに終わらせて

中3で中学レベルの数学を完璧に

理解しておく必要があります。

 

そうすれば

高校入学後にハイスピードで学習しても

高校数学でつまづくことは無いので

高3の夏には

中学受験組に何とか追いつくことができます。

 

 

大学受験で中学受験組に負けないためには

遅くとも

新中1から本気で始めるとよいでしょう。

 

ただし、

部活で多くの時間を割いてしまうと

毎回の定期テストの対策をするのがやっとで

思うように先取りができません。

 

そのため

小学生から本格的に学習を始めると

無理なく先取りできます。

 

算数は

小4から少しずつ先取りをして

小6からは中学数学の学習を

はじめると良いでしょう。

 

ただし、

計算問題だけの先取りなど

偏ったカリキュラムで学習すること

はお勧めできません。

 

中学数学は文章題や関数、図形など

計算問題以外の学習領域が広いため

中学数学の範囲を網羅しているテキストで

学習すべきです。

 

 

英語の場合は

もっと先取りをしても大丈夫です。

 

小4から学習を始め

小5から中学英語の予習を始めましょう。

 

なお、英会話(には英会話の良さがありますが)

受験対策の先取りとしては不十分です。

 

受験英語は英会話で使わないような

単語、熟語、構文がたくさん使われるためです。

 

英語も中学英語を学習が出来る教材

を選ぶべきです。

 

小5から始めれば早ければ中1まで

中学英語を終わらせることも可能です。

 

理解度に問題が無ければ

中3までに高校英語終了レベルまで

学習しても問題ありません。

 

ここまで先取りができれば

高校生になってから

数学に十分な時間を割くことができます。

 

中学受験を避け、中3くらいから塾に通い始め、

塾代を節約したと思っていても・・・

 

大学受験で失敗して浪人したり

私立大学に進学したりすると、

結局は、それ以上の費用が掛かったりします。

 

教育費をできるだけ節約したいのであれば

中学受験はせず

新小4から計画的に先取り学習を始めましょう。

 

 

Assistの授業は

学びホーダイ!!です。

 

週何コマ通っても定額制です。

 

やる気次第で

どんどん先取りをすることができます。

 

一人ひとりの理解度に合わせて

個別のカリキュラム

学習するから

 

無理なく、無駄なく

学習できます。

 

 

 

Assistは

コロナ対策を続けています。

 

通塾する生徒の安全を考慮し

一度に授業をする生徒の数を

絞っています。

 

教室の定員に達した場合

次の募集は今年度の受験生たちが

卒業する3月~4月頃となってしまう

場合もございますので

お早めにご連絡ください。

 

まずは、お電話で

無料学力診断テスト」「無料学習相談

の日程をご予約下さい。

 

 

お越しいただいた方には

無料体験授業」

のご案内をしております。

 

 

中学受験コース・キャンペーンについての詳細⇒ こちら

中学受験コースの費用について ⇒ こちら